私達は日常の仕事でミスを発生させてしまうこともあります。
人間だもの……相田みつをさんじゃ無いですが絶対ミスをしないというのは不可能です。




普通頭を下げる行為を好きでやる人はいません。



しかし、モテる男は「何度でも喜んで頭を下げる」のです。
そして、それはもちろん、謝罪の時だけではありません。




例えば契約などが決まった際になどには
「よろしくお願いいたします」と言う意味で深々と頭を下げます。




謝罪のように「マイナスからゼロに戻そうとする」ためではなく、「ゼロからプラスに向かおうとするため」に頭を下げるのです。




大切な仕事が決まって、頭を下げる人はいても、身近なサービスに対してはそこまで出来る人は少ないかもしれません。



実は私自身、男性だらけ社会におり、尊敬できる上司がおりまして、実際にこの方からの姿勢を学びました。



この上司は、とある業界で日本のトップセールスマンベスト3になったことがあり、経済新聞に載ったことのある方だったりします。




こういった心遣いができる男性は、男性としてだけではなく、人として好かれるのです。




日本人的に「お金を払う側の方が偉い」と意識を持っている方が多く、頭を下げることをなかなかしてないように見受けられます。




どんな低価格のサービスだとしても、そこにはたくさんの人が関係しています。



たとえカフェでコーヒー一杯を受け取るとしてでもです。




コーヒーを作る人。カフェの空間を考える人。
会計をしてくれる人などなど……上げていくとキリがありません。




こうした背景まで考えられるのがモテる男です。



ここまで考えられれば「お金を払う側が偉い」などという傲慢な考えにはならないでしょう。




私自身、お客様にサービスさせていただく側になることがあり、日々こういったことを感じるのです。




モテる男性はサービスを受ける側でも進んで頭を下げるのです。





頭を下げることをしてくださる男性は30人に1人ぐらい……。

嫌われる男性は、支払い分のお金を投げつけて来たり……。




サービスは提供している側にまで気を配ってくださる男性にお会いできた時には、謙虚な方、素敵な方!!
と感動を頂いております♪





心から頭を下げられる人は、このように周囲の人から高い評価を得ることができます。




 どんな時も謙虚な心を忘れずに!!





本日も最後まで読んで頂きましてありがとうございます
(*^ω^*)



ライン登録していただけますと、新しく更新したお知らせを配信させていただきます
↓↓↓


よろしくお願いいたします(●^o^●)