ピンク女の子プレゼントボックス





こんにちは。maemiです!



昨日に引き続き、婚活パーティーでの奮闘記をお送りします。



婚活パーティーに初参加してみた仲良し男子さん。



ここ何年も仕事中心の忙しい生活も手伝って、会社以外の女性と話することがほぼほぼなかったようで、

短時間でパーティー参加女性と一気に話すのはこれまた初の試みだったようで。



緊張しっぱなしにトークタイムが終わったようでした。



トークタイム終了後、男性と女性はそれぞれの控え室へ行き、スタッフさんから「いいねカード」

の記入をお願いしますと言われたそうです。



私「いいねカードって何ですか?」

彼「カードが二枚あって、表面には女性の番号と名前裏面に自分の番号と名前、
そして意中の女性に一言メッセージが添えられるようになっているものです」



書いた「いいなカード」はスタッフに回収され、女性へと届く仕組みのカードだそう。



彼は一番気になったカナちゃんに

「いいなカード」渡すことに。



だいたい「いいなカード」を書く時間は2分ぐらい。



結構急いで決めて書かなければならないくらい短くて、

周りの男性達も結構慌てて書いている人が多かったみたいです。



女性側も男性と同じタイミングで「いいなカード」が配られて記入したカードをスタッフさんが回収。



記入された「いいなカード」が男女別に個人に配られ、

仲良し男子さんのお隣の男性がスタッフさんから「いいなカード」を受け取っていたそう。



彼もカナちゃんから「いいなカード」こないかな?と期待していたらしいのですが、こなかったそうで(涙)


むしろカナちゃんどころか誰からも「いいなカード」がもらえなかったらしいのです。



この中間発表を聞いて、私的にナンと声をかけてあげたらいいのか、正直言葉が詰まってしまいました。



もっと気の利いた会話をすべきだったのか…彼は「いいなカード」

もらえる男性が本当に本当に羨ましかったそうです(汗)



そして、パーティーは「ファイナルカード」の記入へと進行。



この「ファイナルカード」というのは、カップルになりたい女性の番号と名前が

第1希望から第3希望までなっているもの。



仲良し男子さんは誰からも「いいなカード」

をもらえている訳ではなかったので一体全体誰を書けばいいの?!

気持ちがダダ下がり気味。



誰からも「いいなカード」を貰って無い=誰も俺に興味ない!ということを

思いっきり思い知らされることになり…。



でも…頑張った!エライっっ!!

と思ったのが、彼はここで何も書かないのはさすがにもったいないという気持ちになったそうで

素直な気持ちでカップルになりたいと思った女性の名前を書いてカップルの結果が発表されるのを待ったそうです。



◎いよいよ、運命の結果発表!!



スタッフ「大変お待たせしました!これよりパーティーの結果を1人ずつお呼びしてご案内します、まず一番の方」

スタッフ「続いて3番の方」

一番の次は2番が呼ばれるかと思っていたら、彼の番号3番が呼ばれたんだそう。



スタッフの所に行くと、周囲の参加者に聞こえないように小さな声で

「申し訳ございませんが、本日は良いご縁がございませんでした。またのご参加お待ちしております。」



ま、まさかのカップル不成立の告知。



「えぇぇーーマジかぁー……。」



あまりに残念すぎて言葉が無かったそうです(涙)



彼が本格的に婚活し始めたのは、このパーティーが最初と言えるので、まだまだこれから!!



彼は感じがとてもいい男性。



今回のパーティーの会話で少しだけアドバイスするとしたら、

フットサルやサッカーがこれだけが趣味という風なお話だったので、

スポーツ観戦好きな女性というのは男性よりも少なめだと思うので、

スポーツ以外のことも次回のパーティーでは話題に出した方がいい感じに話が膨らむんではないかと思いました。



そして、婚活パーティーは1人ひとりとお話ができる時間が短いので、

プロフィールを結構たくさん書き込みをして話題が豊富にする作戦で

成功しやすくなると言う事も付け加えさせて貰いました。



とっても性格が明るく爽やかな男性なので、頑張って活動していくと近いうちにすぐ、

絶対いい報告を貰えると思うよと締めくくらせていただきました。


本日も最後までお読み頂きありがとうございました(●^o^●)


登録宜しくお願いいたします。
↓↓↓