バスタオルでビーチ



こんにちは。maemiです!

結婚相談所に入会して『婚活』を真面目に取り組んでいた頃のお話です。


学生時代の時の様に、ノリだけでの出会いでは無く、一生のパートナーを選ぶので、じっくりお話の合う方と出会いたいと考えてました。

第一回目にお会いしたメンズさん。

とっても真面目を絵に書いたようなメガネなメンズさん。

女性慣れしていない感じで、相談所のサロンでお会いしたのですが、
向かい合って沈黙したままの時間が流れました。

私的に、この沈黙キツイ(汗)

そう思った私は月並みですが
「何か趣味とかあったりされるんですか?」と聞いてみました。

メンズさんが「鉄道です」
と返してくれました。

鉄道って??どんな事なんですか??と未知のお話だったので聞いてみました。

そうすると、車両を写真に撮る事は勿論、色んな列車に乗るのも好き。

それだけでは留まらず、列車ごとの車掌さんのアナウンス、汽笛の音も大好き!と目を輝かせて教えてくれました。
「(ΦωΦ)ホホォ…」

全てがお初なお話だったのですが、気がつくとそのお話を食い気味に聞いてた私(笑)

私の知らなかった世界を広げてくれました!

マニアックなお話を聞く事は、その人の事を知ることになるので、けして嫌いではありません。

でもそこで、メンズさんが喋るだけでは無く、私にも汽車での思い出を聞いてくれていたら、子供の頃に乗ったSLで煙の煤が白い服についてしまったお話をして、更に盛り上がったに違いありません。

残念ながら、そのメンズさんとはご縁がなかったのですが、たまに列車に乗るとその時の楽しそうな笑顔を思いだします。