スマホ持つ女の子



こんばんは。maemiです!

今回は「上手な質問の仕方➊」についてお話させて頂きます。

『相手の答えが制限されているもの』

簡単に言うと「犬と猫どっちが好き?」「チョコレートとクッキーどっちが好き?」「将来は、賃貸と分譲どっちの家に住みたい?」など、二つの選択肢を女子に与えて女子にひとつ選んで貰う。

こう言ったシンプルな質問が上手な質問の仕方の一つ目になります。

此の質問の仕方は女子にとって非常に答えやすい質問になります。

お見合いの前に、下調べとして簡単にプロフィールを見ていると思うので、例えば趣味の欄にペットとかスポーツとかと書かれていたら、こういった風に二者択一で質問してあげると良いと思います。

ペットと言っても色んな種類があると思います。

お見合いの時に「犬と猫どっちが好きなんですか?」「犬と猫どちらを飼って居るんですか?」と聞いてあげます。

女子は二つしか選択肢はありませんので「猫を飼ってるんです」とか「犬を飼ってるんです」とか、はたまた、「ウサギを飼っています」とかと言う話になれば、話が広がっていくので話題も広まりやすく
なるのではないかと思います。

この二つの選択肢を与えて一つを選んで貰うと言う話し方は、あなたが質問した事に対して女子が非常に答えやすい質問になります。

男子「犬と猫どっちが好き?」

女子「猫が好きです」

と、スグに答える事が出来ます。

女子は悩まずにスグ答える事が出来ます。

ただ、その質問の答えとしては、とてもシンプルになります。

答えがシンプルなので、深堀と言う事は出来ません。

男子「猫好きなんだ♪なんで猫好きになったの?」

女子「猫を飼っていたから猫が好きなの♪」

男子「何歳位から飼ってたの?どんな種類の猫だったの?」

など少し位は深堀出来るんですが、ここからドンドン話が広がっていくという事は考えにくいです。

➊の上手な質問の仕方は女子が答えやすいのですが、ただ答えがシンプルになるので、なかなか深堀が出来ないと言う事はあります。

ではでは、どのように深堀のお話をもっていけば良いのでしょうか。

この続きは、また明日お伝えしたいと思います。

本日も最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました(*・ω・)ノ