アジア女の子


こんにちは。maemiです。

一週間の始まりの月曜日、お疲れ様でした。

婚活を頑張っておられる男子の皆さん、婚活と言えば、お見合いパーティーって一度は行かれた事あるのではないでしょうか。

今回は仲良し男子Gくんがお見合いパーティーへ行った時のお話をさせて頂きます。

Gくんは地元を離れて知り合いのいない場所で就職をしました。

男子だらけの会社だった事も手伝い、仕事に慣れてきた頃、無性に寂しくなってきて、同僚の男子と一緒にお見合いパーティーへ行くことにしてみたそうです。

パーティー会場へ入って、開始前に見渡したところ、黒髪ロングでお化粧薄目だけど、お目目パチリという好みドストライクの女子を見つけました。

Gくんの第一印象は「好み!でも、隣にいるドラえもんみたいな子の付き合いで来てるんだろうな...」

位に何故かGくんは、諦めモードになったらしいのです。

そしてこの時、その子にGくんの方は、みてもらえてませんでした。

最初に主催者から参加したパーティーの仕組みを説明されました。

まず、女子に、5枚自分の番号が書かれたカードを渡されて、男子が目を瞑っている間に話してみたい男子のところへ、カードを置いていくというスタイル。

それを参考にして、男子から女子のところへ話に行って「5回のお話タイム」の後フリータイムになる運びでした。

周りの男子を見渡すとイケメンも数名いらっしゃるし、かなり良く言っても、中の中位なGくんは厳しいシステムだなぁと思ったそうです。

...が、実際にカード配りの時間となり、ドキドキしながら目を瞑っていると、カードが置かれていく気配が結構したそうなんです、複数枚。

「あれ??なんで??」と混乱し始めたらしいのですが、良く考えたら別に当たり前で、女子一人につき5枚渡されているわけだから、平均的には男子の席に5枚は置かれる。

尚且つ、女子達も本命のイケメン達に置いた後は、安全パイな男子にも置くだろう。

とか、色々な事を考えながら、自分は外見的には真面目そうに見えるようだし、キープ用かな...と自虐的な結論に至り、やはりそんなものかと自分の中で苦笑い。

...が、この苦笑いを、お気に入りの子に見られたらしいのです。

お気に入りの子もGくんのところにカードを置きに行ってくれたのですが、その際に丁度G君が苦笑。

「何こいつ、カード沢山置かれたからってニヤけちゃって」

と、彼女の印象が悪くなってしまったそうなんです。

と言うか沢山と言っても6枚だから平均ですよね...。

カード配りタイムが終わり目を開けてみると、気になってる子からのカードがあってGくんは大喜び。

会話タイムの5回中3回は好みの子のところへ(後2回は別の男子に割り込まれた様で...)行ったそうなんです。

お気に入りの子と話してみると、ちょっとS気味なところもまた好みだったそうで、勿論フリータイムも押し押し。

過去の人生の中で、ここまで女子にアピールしたのは初めてだったそうです。

私も彼にそんなゴリゴリな面があるとは意外でしたw

彼女は彼女で第一印象は悪かったものの、話してみると

「あれ??いい人っぽい??」

「話も楽しいもう少し話したいな」

「っと言うか、なんだかこの人あった事があるかも?」

と言う感じで印象が上がって行ったみたいです。

Gくん超がんばったし。

最終的には、パーティーでめでたくカップルになりました。

因みに、Gくんの同僚もカップル成立。

彼女の連れのドラえもんは、非成立でパーティーが終わった後は、Gくん+彼女+ドラえもんでお茶。

二人だけじゃなくて、ちょっと凹んだそう。

彼女がトイレに行ってる間に、ドラえもんから彼女が前の男と別れたばかりであることや、高校時代から彼氏が居ない期間がなかった事など、いらない事を聞いてしまい「やはりなー」と思いつつも、高嶺の花
である彼女だからな...と若干焦って当日はお別れして終了。

それから、Gくんは、彼女と本当にお付き合いをすることに大成功!!

特段大きな修羅場もけんかも無く、普通に2年間の交際を経て結婚。

アノお見合いパーティーって、当時は同僚と何気に参加してみたパーティーだったのに、高嶺の花と諦めかけながらも、奥様に出会えて本当に良かった♪

子供が出来た今も、ちょいS気味ながらも綺麗な奥様にベタ惚れのままだそうです。

人生何処で運命の人と出会えるかって、わからないものですね。

本日も最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました(*・ω・)ノ

登録宜しくお願い致します。
↓↓↓