本を読む女の子



おはようございます。maemiです。

今回も男性の皆さん、是非広く優しい心で、お読み頂けますと嬉しいです♪

本日は、一人婚活には限界がある...というお話をさせて頂きます。

あなたには色々な事を相談できる人はいらっしゃいますか?

婚活する上では、一人で問題を何から何まで抱え込むのは、一人で解決していこうとすればする程、自分に大きなストレスを与えてしまう事になります。

周りの人に頼って、相談をする事で、自分の考えを整理出来たり、冷静に彼女との関係を見直したり、良い結果が生まれやすいのです。

婚活でも誰にも相談せずに、一人で悩みを抱えてしまって、一人で結論を出して、失敗してしまった太郎さんという方がいらしたので少しお話致します。

太郎さんは、婚活で知り合った花子さんと結婚を意識しながらデートを重ねていました。

結婚相談所で知り合った花子さんと、結婚についての色んな話をされてきたんです。

ただ、結婚の話が進むにつれて、太郎さんは一つの不安材料が大きくなってきてました。

それは何かと言うと、彼は高卒で、彼女が大学卒、そして家柄が、彼女は由緒ある代々続く立派なお家柄だったのです。

太郎さんは、ご両親が幼少期に離婚されてしまわれていて、お母様に女で一つで育てて貰い、高卒で就職して働き始めたといった家柄の違いがありました。

花子さんは気にしていないのですが、太郎さんとしては、こういった結婚の話が進んで、二人は好き同志だけれど結婚というのは家と家との結びつきでもありますなで、つり合わないと感じ始めました。

花子さんに相談をすれば良いのですが、誰にも相談せず一人で問題を抱え込んでしまって...

結果、僕は花子さんとつり合わないと思いますので、ここでお付き合いを終わりにしたいと伝えて下さいとカウンセラーさんを通して花子さんに言ってしまい

折角結婚の話まで進んでいたのにお断りをしてしまいました。

花子さんは、急なお断りだったので、非常にショックを受けていたのですが太郎さんが出した答えだから...という事で受け入れてその時点からすぱっとお付き合いを終了しました。

問題だったのがその後です。

その後一週間後、太郎さんは非常に後悔してます...とカウンセラーさんに連絡をするんです。

何を後悔してたかというと、やっぱりよくよく考えると、彼女みたいな素敵な女性って今後出会える事は無いと思ったそうです。

家柄の問題で凄く追い込まれていたんです。

冷静になって考えたら振る必要って無かったんじゃないかなって、非常に彼女にお断りした事について後悔してます、とカウンセラーさんに連絡します。

カウンセラーさんはそういう事でしたら、一度彼女に連絡してみてもう一度交際を再開できるかお願いしてみます。

...という事で彼女に連絡をとりました。

ただ彼女は急にお断りがあったので、ジョックですし、その時点でご縁が無かったんだ...と気持ちを切り替えているので今更彼と交際を再開する事はありません...ときっぱりお断りをされました。

その結果、大好きな彼女を手放してしまったという事になります。

もし太郎さんがひとりで不安を抱えずに、ご家族であったりカウンセラーさんに、こういった悩みを相談していたら違う結果に至っていたのではないかと感じる訳なんです。

例えば彼女と上手くいっていないと一人で悩んでいました。

ただこの彼は、結婚相談所のカウンセラーさんに相談をします。

そうすると、カウンセラーさんは、何で彼女と上手く行ってない気がするんですか?と聞きます。

すると彼は、彼女からの連絡が最近遅いんです、そしてデートも出来ていないし、メールも何か冷たい気がするんです...と話ました。

今までは連絡が速くて、デートも出来ていたんですよね、ここ最近こういった事が続いてるの?

と彼に確認すると、はいそうなんです、と彼が言ったあとに、カウンセラーさんは続けてこう言います。

彼女って最近仕事忙しいとかそういった事じゃないんですか?

すると彼は、「あっそうなんです、彼女は今月凄い仕事が忙しくってお昼ご飯も食べられない位、切羽つまってる様なんです。」とこたえました。

カウンセラーは客観的にこういいます、「だったら仕方が無いんじゃないですか?あなたの優先順位が下がっているとかの問題じゃ無くて仕事が凄く忙しくって携帯すら見る時間ないんじゃないですか?」

「こういった事を理解してあげていますか?」といったら、彼は「自分の事ばかり考えてました、よくよく思い返してみたら忙しくなる前は、彼女発信の連絡もあったし連絡も取れていました。」

「そういえば冷たくなったなと気になって思ったのは、繁忙期だといっていた時期からです。」

「だったらそれが原因じゃないですか?今の時点で彼女に断ったり彼女が悪いという思い込みをしていたらかわいそうですよ。」

「仕事が忙しい時は、しっかり彼女の気持ちに寄り添ってあげて労いのメールを送る位で丁度良いですよ。」

という事でアドバイスをします。

そうすると彼は一人で悩んでいた時は「ああ、自分なんて嫌われているんだ彼女の自分へ対する優先順位が低くなったし他に気になる男性でも出来たんじゃないの?」

こんな風に、最悪の状況くらいしか考えられなかったんです。

しかしカウンセラーに相談する事で、「なんだ、仕事忙しいからこいう状況になったんだな。」と楽観的に捉える事が出来るんです。

その結果一か月後、彼女の仕事が落ち着きました。

そうすると、「今まで通り彼女から小まめに連絡も来ますし、デートも週一回出来る様になりました」と彼からカウンセラーさんに連絡がありました。

自分一人で不安を抱え込み過ぎると、小さな問題なのに大事かのように捉えてしまう、そして結果、最悪な結果を出してしまうという結果にもなり兼ねません。

もしあなたが婚活をしていてカウンセラーさんも一緒に親身になって相談してくれる人であるならば、一人で問題は抱え込まずにカウンセラーさんと問題の共有をしましょう。

もし、ご自身が本当に単独で婚活されているのでしたら、親身になってくれるご自身と気の合う婚活アドバイザーさんを探されて、そして解決してもらえるようなアドバイスを頂いて欲しいなと思います。

婚活をする上では客観的にアドバイスをしてくれる人の言葉というものは、すごく大切ですし、自分の気持ちも冷静になって捉える事が出来ると思いますので、使えるものは使っていただいて是非成婚へと繋げて頂きたい

と思います。

真面目な婚活、恋活、私maemiが応援させていただきます。

活動して行くうちに疲れてきてしまう事も出てくるとは思いますが、一緒に頑張っていきましょう!!!

本日も最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました(*・ω・)ノ

励みになりますのでランキングボタン、ぽちっとしてください。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ にほんブログ村 恋愛ブログ モテ男へ にほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ

登録宜しくお願い致します。
↓↓↓